セゾンカードマニア Daily dialy with Saisoncards

セゾンカードの作り方・入会方法など
申し込み手続きを詳しく説明

セゾンカードの作り方

【保存版】セゾンカードの作り方について
セゾンカードの申し込みに困っている人も
事前準備して1回で申し込みが完了できます。

 2020/4/26(更新)


申し込み前に準備すること

セゾンカードを作るための準備

1:申し込みに20分~30分の時間を確保する

2:スマホの半角と全角入力のやりかたを確認する

3:このページを見て必要な項目をメモする

4:80種類以上あるセゾンカードの中から作りたいカードを決める ➡ 人気のセゾンカード一覧 はこちら

セゾンカードを作るため必要な項目

セゾンカードを作るときに必要な項目をまとめました。
わからない情報は事前に調べてメモをしておきましょう。

氏名
生年月日(選択式)
性別(選択式)
携帯電話か固定電話の番号
メールアドレス(PCでもスマホでもOK)
郵便番号
住所(マンション、アパートは建物名や部屋番号も)
職業(選択式)
配偶者の有無(選択式、結婚の有無)
生計を同一にする人数※詳しい説明

年収(税金や年金、保険など引かれる前の金額)
銀行以外からの借入額(自動車ローンなど、選択式、ざっくりでOK)
運転免許証があれば12桁の免許証番号
住まいの種別(選択式、賃貸・持家・寮など)
今の家に住んでいる年数(選択式、ざっくりでOK)
住宅費の有無(選択式、家賃や住宅ローンなどの有無)

カードの利用目的が、個人用か事業用か(選択式)
4桁の暗証番号
パスポートがあれば、氏名のローマ字表記
リボ払い利用の選択(選択式)
キャッシング利用の選択(選択式)
家族カードの申し込みの有無(選択式)
ETCカードの同時申し込みの有無(選択式)

※職業を会社員、派遣、アルバイトなどを選択した方は、勤め先情報も必要になります。
勤務先社名
社員数(選択式、ざっくりでOK)
勤務先の電話番号
今の会社のおつとめ期間(選択式、ざっくりでOK)

生計を同一にする人数について

生計を同一とするとは、生活をする上で収入を家計費として何人で共有しているか、という人数を示します。

例えば独身で一人暮らしの場合、
両親や兄弟への仕送りがない場合は、収入は全て1人で使うだけなので「生計を同一にする人数は1人」になります。
両親に仕送りをしている場合は、収入を3人で分けていることになるので「生計を同一にする人数は3人」になります。

例えば夫婦と子供の三人暮らしの場合、
両親や兄弟への仕送りがしていない場合は、世帯の収入は全て3人で使うだけなので「生計を同一にする人数は3人」になります。
共働きの場合でも、どちらかが扶養されていても、世帯の収入を3人で共有するので「生計を同一にする人数は3人」になります。
夫が単身赴任して別居している場合も、世帯の収入を3人で共有するので「生計を同一にする人数は3人」になります。

クレジットカードの申し込み手続きは難しい

かなり頑張ってわかりやすく簡単にまとめましたが、普段使わない情報や言葉が多くクレジットカードの申し込み手続きはとても難しいです。

クレジットカード会社もわざと難しくしているわけではなく、割賦販売法などの法律で細かく決められ普段使わない用語が必要なことが、難しさの原因なのでクレジットカード会社もわかりやすくするためにかなり苦労しているようです。

セゾンカードのお申し込み入力画面も数年前と比べるとかなりカンタンになりましたが、それでも初めてセゾンカードの入会手続きをする人にとっては難しい部分が多くてたいへんです。

例えば、

運転免許証の番号の入力が必要になって、免許証が見つからずやり直さなくてはいけない

生計を同一にする人数の記入が必要ですが、「生計を同一にするって、何?」

など、事前準備をしないで申し込み手続きを一回で完了できる人はたぶんいないと思います。

このページでは、事前に調べて用意していないとわからない内容や、言葉が難しかったりして必ず引っかかる点を、予め確認してメモの用意ができるようにまとめています。


セゾンカード申し込み資格や注意点

セゾンカードの入会資格・条件

セゾンカードの入会資格は2つだけです。

1.18歳以上で電話連絡可能な方
※携帯電話でも固定電話でもOK。
※18歳以上でも高校生は除く。
※20歳未満の方のお申し込みには親権者の同意が必要。

2.定期的な収入がある方
※正社員、派遣社員、会社役員、個人事業主、主婦、パート、アルバイト、学生、年金受給者、家賃収入、副業収入など。

※個人でセゾンカードに入会して法人口座から引き落としもできます。

※法人名+申込者名の口座 からの引き落としは可能。(法人名義のみの口座設定は不可。)

※一部のカードは、入会資格が少し違いますので、各カードの公式ページで確認してください。

お申し込み時に銀行口座・印鑑・運転免許証が不要

セゾンカードはお申し込み時に銀行口座、印鑑、運転免許証が不要

セゾンカードはネット完結でオンライン申し込みができるので、銀行口座、印鑑、運転免許証は不要です。

セゾンカードの利用代金の引き落としに銀行口座の登録が必要になりますが、後日セゾンカードが郵送で送られてくるときに用紙が入っているので、記入して返信用封筒で返送することで手続きします。

ETCカードも同時申し込みができる

セゾンのETCカードも同時申し込みができる

セゾンカードはETCカードの同時申し込みができます。

セゾンのETCカードの発行料は無料、年会費も永久無料です。

セゾンカードと同時発行手続きした場合も、別々に郵送されてくる場合があります。

セゾンのETCカードは ETC2.0 にも対応してます。

セゾンカード入会手続きの注意点

各セゾンカードの券種毎に公式サイトがあり、スマートフォン、タブレット、PCからネットで入会手続きができます。

セゾンカードは80以上の種類があり、申し込み方法は券種によって細かい違いがありますが、ほとんど同じ内容です。

《注意事項》
・未成年の方は親権者の同意確認やその他手続きのため、数日多くかかる場合があります。
・セゾンカードの入会には所定の審査があります。
・短期間に複数のカードの申し込みをした場合、見送りになる場合があります。


セゾンカード申し込みの流れ

ネットで入会手続き完結

セゾンカードは、スマートフォン、タブレット、PCからネットで申し込み手続きができます。

申込用紙をダウンロードするような面倒な手続きはありません。

お申し込みの流れは大きく4つの順序で進みます。

1:インターネット申し込み手続き

セゾンカード申し込み次のステップ

2:本人確認の電話

セゾンカード申し込み次のステップ

3:審査結果メールを送信

セゾンカード申し込み次のステップ

4:カードを郵送・受け取り

セゾンカード申し込みの流れ

・通常は申し込み後30分以内に「受付完了メール」が届きます。

・19:30以降の申し込みについては、翌日の手続になります。

・本人確認の電話は10:00~20:00の間となります。

・本人確認の電話は勤務先にも連絡する場合があります。

・手続きの結果によっては本人確認の電話をしない場合があります。

・このページでは「1:インターネット申し込み」の部分についてスマートフォンで行った時の説明をします、PCの場合は画面が少し違うことがあります。

・セゾンカードの定番カード「セゾンカードインターナショナル」の申し込み手続き画面を例にして説明しますので、その他のカードを選択された場合は少しだけですが違う場合があります。


セゾンカード入会ページ

セゾンカード入会ページについて

作りたいセゾンカードの公式サイトにある申し込みボタンを押し、オンライン発行手続きに移ります。

セゾンカードインターナショナルの公式サイトの申し込みボタン

人気のセゾンカード 公式サイト 一覧

券種があっているか確認する

オンラインお申し込み画面に表示されるセゾンカードの種類が、入会したいセゾンカードとあっているか確認します。

この画面では、「セゾンカードインターナショナル」が選択されていることがわかります。

オンラインお申し込み画面が表示される

「お申し込みの開始はこちら」

お急ぎの方は「お申し込みの開始はこちら」ボタンを押すと、詳しい説明がスキップできます。

セゾンカードのお申し込みの開始はこちら

お急ぎではない方は「お申し込みの開始はこちら」ボタンを押さずに、そのまま詳細説明を確認してください。

「同意して申し込む」

表示された、下記の青い「同意して申し込む」ボタンを押して入力ページに移ります。

セゾンカードに同意して申し込む


申込者の基本情報入力

氏名、生年月日、住所などセゾンカードの申し込みをする本人の基本情報を入力していきます。

クレジットカードブランドの選択

(画像では Visaブランド を選択しています)

セゾンカード申し込み者のクレジットカードブランドの選択

セゾンカードの種類によって選べるクレジットカードブランドが違いますが「Visa・Mastercard・JCB・American Express」から選択します。

名前を全角で入力

(名前の入力例)

セゾンカード申し込み者の名前を入力

セゾンカードに申し込む本人の名前を全角で入力します。

セゾンカードや重要なお知らせを郵送する宛先になるので正確に入力してください。

カタカナも全角で入力します。

海外から移住された、日本国籍ではないかたは「外国籍の方はチェックを入れてください」にチェックをいれてください。

生 年 月 日 を選択

(生年月日の入力例)

セゾンカード申し込み者の生年月日を入力

生まれた "生"、"年"、"月"、"日" をそれぞれメニューから選びます。

審査に必要な情報となるので、正確に入力してください。

性別を選択

(性別を男性に選択した例)

セゾンカード申し込み者の性別を選択

セゾンカードに申し込む本人の性別にチェックを入れます。


青い「次へ」ボタンを押し、次のページに移ります。(PCではこのボタンはありません)

セゾンカード申し込み次の項目に移る

連絡先 電話番号を入力

(携帯電話・固定電話の両方入力した例)

セゾンカード申し込み者の連絡先電話番号を入力

申し込み内容の不備の修正や不正防止の本人確認などカード会社から電話連絡がある場合があります。

電話に出られないと審査や発行手続きがストップしてしまうか場合があるので、普段必ず持ち歩く携帯電話を入力し自宅に固定電話がある場合は両方入力したほうが安全です。

メールアドレスを入力

(メールアドレスを入力した例)

セゾンカード申し込み者のメールアドレスを入力

受付が完了した場合の「受付完了メール」や「審査結果の通知メール」が届きます。

メールが確認できないと発行手続きを進められないので、間違えのないよう入力してください。

郵便番号を入力

(郵便番号を入力した例)

セゾンカード申し込み者の郵便番号を入力

申し込み者の郵便番号を入力します。

セゾンカードや重要なお知らせを郵送する宛先になるので正確に入力してください。

住所を選択

(住所を選択した例)

セゾンカード申し込み者の住所を選択

入力された郵便番号によって、住所の候補が表示されますので正しい住所を選択してください。

セゾンカードや重要なお知らせを郵送する宛先になるので、間違えの無いよう選択してください。

番地や建物名を入力

(番地や建物名を入力した例)

セゾンカード申し込み者の番地や建物名を入力

漢字・フリガナの両方とも、番地から号・建物名・部屋番号までを省略せず入力してください。

入力文字数を超える方は、部屋番号を優先して入力してください。

全角の「ー」を入力する場合は、半角「-」を入力すると自動変換されます。
機種によってはエラーになることがあるので、全角「ー」ではなく半角「-」を入力してください。

セゾンカードや重要なお知らせを郵送する宛先になるので正確に入力してください。

職業を選択

(職業を選択した例)

セゾンカード申し込み者の職業を選択

職業の候補が表示されるので、正しい内容を選択します。

複数の収入源がある方は、毎月定期的に給料が支払われている本業の職業を選択してください。

審査に必要な情報となるので、正確な内容にしてください。

配偶者の有無を選択

(配偶者の有無を選択した例)

セゾンカード申し込み者の配偶者の有無を選択

お申し込み者が結婚されているかどうかを選択します。

配偶者とは法律上の婚姻関係を指しますので、事実婚の場合は配偶者は無しを選択して下さい。

生計を同一にする人数を選択

(生計を同一にする人数を選択した例)

セゾンカード申し込み者の生計を同一にする人数を入力

生計を同一とするとは、生活をする上で収入を家計費として何人で共有しているか、という人数を示します。

例えば独身で一人暮らしの場合、
両親や兄弟への仕送りがない場合は、収入は全て1人で使うだけなので「生計を同一にする人数は1人」になります。
両親に仕送りをしている場合は、収入を3人で分けていることになるので「生計を同一にする人数は3人」になります。

例えば夫婦と子供の三人暮らしの場合、
両親や兄弟への仕送りがしていない場合は、世帯の収入は全て3人で使うだけなので「生計を同一にする人数は3人」になります。
共働きの場合でも、どちらかが扶養されていても、世帯の収入を3人で共有するので「生計を同一にする人数は3人」になります。
また、夫が単身赴任して別居している場合も、世帯の収入を3人で共有するので「生計を同一にする人数は3人」になります。


青い「次へ」ボタンを押し、次のページに移ります。

セゾンカード申し込み次の項目に移る


申込者の補足情報入力

勤務先の会社名を入力

(勤務先を入力した例)

セゾンカード申し込み者の勤務先の会社名を入力

「株式会社」「有限会社」「合同会社」などは省略可能です。

会社役員や自営業の方は、役員報酬を得ている会社名を入力します。

出向者の方は「出向元」の勤務先について入力します。

従業員数を選択

(従業員数を選択した例)

セゾンカード申し込み者の従業員数を選択

事業所ではなく会社全体の従業員数を選択します。

出向者の方は「出向元」の勤務先について選択します。

おつとめ先の電話を入力

(勤務先の電話を入力した例)

セゾンカード申し込み者の勤務先の電話を入力

職場に固定電話がある方はその番号を入力します。

おつとめ年数を選択

(おつとめ年数を選択した例)

セゾンカード申し込み者のおつとめ年数を選択

いまつとめている会社の年数を選択します。

派遣やアルバイトなどの場合も今の会社に勤めている期間を選択してください。

会社役員や自営業の方も、今の会社に属している期間を選択してください。

年収を入力

(年収を入力した例)

セゾンカード申し込み者の年収

年間の収入総額を入力してください。税金や年金、社会保険などを"引かれる前"の金額になります。

複数の会社から安定し継続して給与や役員報酬を得ている場合は、合計した金額になります。

他社からの借入額を選択

(他社からの借入額を選択した例)

セゾンカード申し込み者の他社からの借入額を選択

銀行や信用金庫など金融機関からの借入は除きます。

銀行や信用金庫以外のローン会社、信販会社、クレジットカード会社からカードローン・教育ローン・自動車ローン・キャッシングなどのローンを借りている場合の借入額を選択してください。

運転免許証の有無を選択

(運転免許証の保有を選択した例)

セゾンカード申し込み者の運転免許証の有無を選択

日本で発行した運転免許証(または運転経歴証明書)を持っている場合は「保有」を選択します。

「保有」を選択した場合は12桁の免許書番号も入力します。

外国で発行した運転免許書しかない場合は「未保有」を選択します。

預金や証券などの保有額を選択

(預金や証券などの保有額を選択した例)

セゾンカード申し込み者の預金や証券などの保有額を選択

銀行の預貯金、上場企業の株、国債や社債などの金融資産の総額から1年間のクレジットの支払いに充てられる金額を選択します。

必須項目ではありませんが、金額が多いほうが信用力が上がりますので、多くの預貯金や有価証券がある方は選択をおすすめします。

住まいの種別を選択

(住まいの種別を選択した例)

セゾンカード申し込み者の住まいの種別を選択

今住んでいる家が、自分の持ち家か、賃貸かなどを選択します。

実家暮らしの場合は「持家」を選択します。
住居にかかる費用が少ないほうが消費できる金額が増え信用力が上がるので、実家暮らしの場合は「持家」を選択しましょう。

住んでいる年数を選択

(住んでいる年数を選択した例)

セゾンカード申し込み者の住んでいる年数を選択

今の自宅にどのくらいの期間住んでいるか、選択します。

住宅費用の有無を選択

(住宅費用の有無を選択した例)

セゾンカード申し込み者の住宅費用の有無を選択

今の自宅について毎月の家賃や住宅ローンの返済費用がかかる場合は「あり」を選択します。

結婚し同居している場合、カード申し込み者本人が住宅費用を負担していなくても、配偶者が家賃や住宅ローンを毎月払っている場合も「あり」を選択します。


青い「次へ」ボタンを押し、次のページに移ります。

セゾンカード申し込み次のページに移ります


お申し込みサービスの選択

カードの利用目的を選択

(カードの利用目的を選択した例)

セゾンカード申し込み者のカードの利用目的を選択

セゾンカードの利用用途が、個人用か事業用か選択します。
法律により確認が義務付けられています。

生計費とは?
自分個人のための買い物、ネット課金、旅行、自宅の光熱費のお支払いなど。

事業費とは?
事業のために行う物品購入、サービス利用など。
事務所の事務用品・備品購入や光熱費のお支払い、または交通費に利用される場合が該当します。

暗証番号を入力

(暗証番号を入力した例)

セゾンカード申し込み者の暗証番号を入力

暗証番号を4桁の数字で入力します。

海外や国内のATMからセゾンカードを使って現金を引き出したりするときに必要です。

暗証番号として、生年月日・電話番号・0000・9999は設定できません。

カード刻印名を修正したい場合

(カード刻印名を修正した例)

セゾンカード申し込み者のカード刻印名を修正

セゾンカードの表面にアルファベットでカード所有者の名称が刻印されますので、修正が必要な場合は入力してください。

パスポートを持っている場合は、パスポートに書かれているローマ字表記に合っているか確認し、違っている場合は修正してください。
海外のホテルのチェックインや携帯のSIMを購入するときなど、パスポートとクレジットカードの提示を求められる場合があります。
パスポートとクレジットカードのローマ字表記が違っていると対応してもらえない場合があります。

ショッピングリボ払いのコースを選択

(ショッピングリボお支払いコースを選択した例)

セゾンカード申し込み者のショッピングリボお支払いコースを選択

リボ払いを利用する時の支払い方法や月々の支払い額を設定します。

後から変更もできるので、何を選んでよいかわからない場合は「標準コース(月々1万円~)」をチェックしておきましょう。

※「定額コース」を選択した場合は、月々の支払い額を3万円以上、1万円単位で入力する記入欄が表示されます。

 詳しくは ショッピングリボお支払コースとは?

セゾンカードで支払い時に何も言わなければ一括払いになります。(クレジットカード利用金額を後日一括して銀行口座から引き落とす。)
店舗によっては「一括でよろしいですか?」と聞いてきます。
リボ払いに対応している店舗の場合は「リボ払いでお願いします」というとリボ払いが利用できます。
一括払いは手数料がかかりませんが、リボ払いは手数料がかかるので、お金に余裕があれば一括払いをおすすめします。

ショッピングリボ宣言を選択

(ショッピングリボ宣言を選択した例)

セゾンカード申し込み者のショッピングリボ宣言を選択

ショッピングリボ宣言とは、ショッピングの支払いをセゾンカードですると自動的に「リボ払い」になる機能です。

リボ払いは手数料がかかるので、リボ払いについてしっかり理解し使いこなす自信がある方以外は「リボ宣言はおすすめしません」。

 詳しくは リボ宣言とは?

キャッシングリボ宣言を選択

(キャッシングリボ宣言を選択した例)

セゾンカード申し込み者のキャッシングリボ宣言を選択

海外や国内のATMで、セゾンカードを使ってキャッシングの利用をすると一括払いになります。

キャッシングリボ宣言とは、セゾンカードでキャッシングの利用をすると「リボ払い」になる機能です。

リボ払いは手数料がかかるので、リボ払いについてしっかり理解し使いこなす自信がある方以外は「リボ宣言はおすすめしません」。

 詳しくは リボ宣言とは?

キャッシングご利用希望枠を選択

(キャッシングご利用希望枠を選択した例)

セゾンカード申し込み者のキャッシングご利用希望枠を選択

「その他」を選択した場合はキャッシング枠が設定されず「0万円」となります。
海外に行く予定がある方は、キャッシング枠を設定しておかないと、海外ATMのキャッシング利用もできなくなります。


青い「次へ」ボタンを押し、次のページに移ります。

セゾンカード申し込み者の


保険プランの選択(オプション)

セゾンカードは、300円からカードに付帯できる保険のオプションがたくさん用意されています。

申し込みページで入力、選択した内容によっておすすめのオプション保険が表示されますので、表示される保険の種類は申し込み者ごとに違う内容になります。

最大で2プランまで選択ができます。

保険プランの例「お買物安心プラン」

(「お買物安心プラン」の説明画面)

セゾンカード申し込み者の保険プランの例「お買物安心プラン

保険プランの例「ご迷惑安心プラン」

(「ご迷惑安心プラン」の説明画面)

セゾンカード申し込み者のご迷惑安心プラン


その他追加機能など選択

家族カード/追加カードを選択

(家族カード/追加カードの選択画面の例)

セゾンカード申し込み者の家族カード/追加カードを選択

家族カードとは?
セゾンカード申し込み者の家族用に追加でカードを複数枚作ることができます。
引き落としは、1枚目のカードをお申し込み時に登録した口座からまとめて引き落とされます。
カードの明細で、いつどのカードで何を買ったか確認することもでき、CSVファイルでダウンロードもできるので、家族の家計費や家計簿の管理も簡単です。

追加カードとは?
法人や事業者用のビジネスカードを従業員用に複数枚作ることができます。
引き落としは、1枚目のカードをお申し込み時に登録した1つの法人口座からまとめて引き落とされます。
業務用の支払いを従業員がセゾンのビジネスカードで支払うことで、面倒な立替精算作業や申告時の入力作業など、本業以外の面倒な作業から解放されます。
カードの明細で、いつどの従業員のカードで何に支払ったか確認することもでき、freeeにデータ連携すると経理業務がかなり楽になります。
明細データをCSVファイルでダウンロードすることも可能です。

セゾンカードの種類によって家族カード/追加カードの年会費や発行枚数が変わります。

 詳しくは 家族カード/追加カード一覧について

ETCカードの申し込みを選択

(ETCカードの申し込みを選択<した例)

セゾンカード申し込み者のETCカードの申し込みを選択<

ETCカードをセゾンカードと同時にお申し込み、発行することができます。

ETCカードの発行手数料は無料、年会費も永久無料なので、レンタカーなどで年数回しか利用しない人もとりあえず持っておくことをおすすめしてます。

ETCカードは、セゾンカードと別々に郵送する場合があります。

セゾンカードのお申し込み者本人のみETCカードを利用できます。

ETCカードを申し込みした場合、カード発行に追加で1~2日程度追加で時間がかかる場合があります。

メールマガジンの受け取りを選択

(メールマガジンの受け取りを選択した例)

セゾンカード申し込み者のメールマガジンの受け取りを選択

 Amazonポイント還元6倍、
 星野リゾートリゾナーレ最大50%OFF、
 50万円山分けキャンペーン、
 東京ディズニーランド完全貸切が当たる、
などのオトクなキャンペーンの情報があり、後でメールマガジンを停止することもできるので、おすすめしてます。

 詳しくは セゾンのメールマガジンについて

カード受取方法の選択

(カード受取方法を選択した例)

セゾンカード申し込み者のカード受取方法の選択

 セゾンカードインターナショナル
 セゾンブルー・アメックスカード
 セゾンパール・アメックスカード
 三井ショッピングパークカード
など、一部のカードはネットお申し込みして即審査を行い最短当日にセゾンカウンター店舗で受け取ることができる「即日発行サービス」に対応しています。

即日発行ができるカードのみ
 セゾンカウンターで受け取り(即日発行の来店受取をご希望の方)
 郵送で受け取り(郵送受取をご希望の方)
の選択ができます。

 セゾンカードインターナショナル
 セゾンブルー・アメックスカード
 セゾンパール・アメックスカード
について詳しくは セゾンカード即日発行

 三井ショッピングパークカード
について詳しくは 三井ショッピングパークカード即日発行

引き落とし口座の設定の選択

(引き落とし口座の設定の選択した例)

セゾンカード申し込み者の引き落とし口座の設定の選択

セゾンカードの申し込み完了後、続けてお支払い口座のネット登録ができる「オンライン口座登録」の利用を選択できます。

一部の金融機関しか対応しておらず、後日設定したほうが楽なので「今は支払い口座を登録しない」をおすすめします。

オンライン口座登録ができる金融機関(2019年4月時点)
 みずほ銀行
 三菱UFJ銀行
 りそな銀行
 埼玉りそな銀行
 関西みらい銀行
 ゆうちょ銀行
※手続きは、各金融機関の個人用口座名義とセゾンカードの申し込み名義と同じ場合に限ります。

 詳しくは オンライン口座登録について


お疲れ様でした、、、「入力内容の確認へ(あと少しです!)」ボタンを押し、最後の確認ページに移ります。

セゾンカード申し込み入力内容の確認へ


入力内容の確認

セゾンカード申し込み手続きの最後の確認です!

基本入力内容(A)の確認

セゾンカード申し込み者の入力内容の確認

申し込みをしたセゾンカードの種類と、選択したクレジットカードブランドが合っているか確認します。

その他、
 申し込み者の氏名
 生年月日
 性別
など、基本情報を確認し修正が必要な場合は「基本入力内容(A)を修正する」ボタンを押して修正画面に移ります。
※このボタンはPCの申し込み画面にはありません。

セゾンカード申し込み者の基本入力内容(A)を修正する

基本入力内容(B)の確認

電話番号
メールアドレス
住所
配偶者
など、基本情報を確認し修正が必要な場合は「基本入力内容(B)を修正する」ボタンを押して修正画面に移ります。
※このボタンはPCの申し込み画面には「基本入力内容を修正する」と表示されます。

セゾンカード申し込み者の基本入力内容(B)を修正する

補足入力内容の確認

勤務先(会社員やアルバイトを選択したの方のみ)
年収
預貯金
住まい
など、補足情報を確認し修正が必要な場合は「補足入力内容を修正する」ボタンを押して修正画面に移ります。

セゾンカード申し込み者の補足入力内容を修正する

サービス入力内容(A)の確認

カードの利用目的
暗証番号
リボ払いの設定
キャッシング支払いの設定
など、サービス入力情報を確認し修正が必要な場合は「サービス入力内容(A)を修正する」ボタンを押して修正画面に移ります。
※このボタンはPCの申し込み画面にはありません。

セゾンカード申し込み者のサービス入力内容(A)を修正する

サービス入力内容(B)の確認

オプションの保険プラン
家族カード
ETCカード
オンライン口座登録
など、サービス入力情報を確認し修正が必要な場合は「サービス入力内容(B)を修正する」ボタンを押して修正画面に移ります。
※このボタンはPCの申し込み画面には「サービス入力内容を修正する」と表示されます。

セゾンカード申し込み者のサービス入力内容(B)を修正する


以上の内容が確認出来たら最後に「送信ボタン」を押して申し込み手続きは完了です。

セゾンカード申し込み者の入力完了し送信


このページを参考にして事前準備してから入会手続きしてください。

本当にお疲れ様でした!

セゾンカード申し込み者の入力内容の確認


人気のセゾンカード[公式]ページリンク集

人気のセゾンカード一覧

即日発行ができるセゾンVisaカードはセゾンカードインターナショナル セゾンカードインターナショナル
・入会費無料/年会費永久無料、セゾンの定番カード
・最短即日発行ができる
・ETCカードも同時即日発行ができる
・セブン-イレブンのご利用でnanacoポイントが同時に貯まる
・オンラインプロテクション付き
[公式]ページはこちら
年会費初年度無料で作れるアメックスゴールドカード セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
・入会費無料/年会費初年度無料
・2年目以降10,000円(税抜)
・ショッピング安心保険とオンラインプロテクション付き
・海外/国内最高5,000万円の旅行傷害保険つき
・成田、羽田など国内主要空港とホノルル国際空港のラウンジが無料
[公式]ページはこちら
即日発行ができるセゾンアメックスカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
・入会費無料/年会費初年度無料
・2年目以降3,000円(税抜) ※26歳になるまで年会費無料
・最短即日発行ができる
・ETCカードも同時即日発行ができる
・海外・国内旅行傷害保険/ショッピング安心保険付き
[公式]ページはこちら
即日発行ができるセゾンアメックスカードはセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
・入会費無料/年会費初年度無料
・2年目以降1,000円(税抜) ※前年に1回以上のカードご利用で翌年度も無料
・最短即日発行ができる
・ETCカードも同時即日発行ができる
・オンラインプロテクション付き
[公式]ページはこちら
年会費1,000で作れる法人カード セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
・入会費無料/年会費1,000円(税抜)
・ヤフー広告やクラウドワークス、AWSのポイント還元率2%
・登記簿謄本や決算書が不要のビジネスカード
・追加カードが4名まで作れ、5枚合計でも年会費は1,000円
・入会資格:個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
[公式]ページはこちら
SAISON MILE CLUBやプライオリティ・パスつき法人アメックスプラチナカード セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
・入会費無料/年会費20,000円(税抜)
JALのマイル還元率最大1.125%と最高レベル
・海外最高1億円、国内最高5,000万円の旅行傷害保険つき
・世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジが使えるプライオリティ・パスつき
・入会資格:個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
[公式]ページはこちら

キャンペーン情報


星野リゾートが最大50%OFFになるキャンペーン

セゾンカードで星野リゾートが最大50%OFFになるキャンペーン

JQカードは「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象クレジットカード

全てのセゾンカードは「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象クレジットカード

おすすめ記事